HOME

新製品 インクジェットプリンターP-1


プリンターメイン

NEXT

2020-3-18

さまざまな働き方をサポートするビジネス向け機能を強化
小型・軽量で持ち運びしやすいモバイルプリンター"TR153"を発売
キヤノン

 
"TR153"


 キヤノンは、インクジェットプリンターTRシリーズの新製品として、小型・軽量で手軽に持ち運び可能なモバイルプリンター"TR153"を2020年4月9日に発売する。


品名
TR153
価格 オープン価格
発売日
2020年4月9日

 
おもな特長

 近年、場所や時間を個人が選択できる柔軟なワークスタイルが広がっている。こうした社会環境の変化をとらえ、小型・軽量で手軽に持ち運びができ、充実したビジネス機能を備えたモバイルプリンター"TR153"を発売する。スマホやタブレットから快適に印刷でき、外付けバッテリー(別売り)を装着することで、電源確保を気にすることなく使用できる※1。営業活動や医療・介護などの訪問先、コワーキングスペースやカフェでの書類作成などのビジネスシーンでの活用に加え、高画質印刷を実現する5色ハイブリッドインクの採用により、家庭での文書や写真のプリントニーズにも応える。

 外出先に手軽に持ち運び可能な小型・軽量設計と5GHzのWi-Fi対応

 大きさ約322(幅)×185(奥行)×66(高さ)mm※2、質量約2.1kgの小型・軽量設計により、外出先に手軽に持ち運びできるだけでなく、会議室や受付カウンターなどの限られたスペースにも設置可能。また、USBケーブルでも充電できる外付けバッテリーにより、車内や屋外の作業現場など電源確保が難しい環境でも使用できる。さらに、電波干渉に強い5GHzのWi-Fiに対応し、スマホやタブレット、PCからケーブルを使わずに快適に印刷できる。

 多様なビジネス現場での快適なプリント環境を提供するユーザビリティー

 あらかじめプリンター内に保存したデータをプリンター本体から直接プリントできる「定型文書プリント」※3機能を搭載し、プリンター本体だけで帳票や問診票、カタログなどの定型文書を印刷できる。また、インク残量やネットワーク接続状況などを表示するモノクロ有機ELディスプレイをプリンター本体に、バッテリー残量が確認できる目盛り表示を外付けバッテリーにそれぞれ採用しており、プリンターの状態が一目で確認できる。

※1 USB接続でA4カラー文書を連続約330枚印刷可能。常温、常湿において、新品バッテリーをフル充電の後、ISO ⁄ IEC 24712パターン(5種類)をドライバーの標準品位でA4普通紙に連続カラー印刷した場合。
※2 トレイ収納時。突起物含まず。使用時は約322(幅)×307(奥行)×245(高さ)mm。
※3 保存可能なデータ数は5つ。保存先1つにつきプリントデータとしての容量で、約10MBの保存容量がある。(ISO24712印刷パターンの「Annex C Page 3-News Letter」を保存した場合は、約11ページ分に相当。)保存するデータの容量によっては、データを分割する必要があるか、もしくは、保存できない場合がある。




▲TOPへ戻る












2020-3-18

インクジェットプリンターのラインアップを強化
カラー複合機"G6030"のホワイトモデルなど2機種を発売
キヤノン

 キヤノンは特大容量タンク「GIGA TANK(ギガタンク)」を搭載したインクジェットカラー複合機"G6030"(2019年6月発売)のホワイトモデルと、基本機能をコンパクトなボディーに集約した"PIXUS TS3330"を2020年4月9日に発売する。

G6030(ホワイト)
 
PIXUS TS3330
 
品名
G6030(ホワイト)
PIXUS TS3330(ブラック ⁄ ホワイト)
 
価格 オープン価格
オープン価格
 
発売日
2020年4月9日
2020年4月9日
 

 おもな特長


 
"G6030(ホワイト)"は、大量印刷と低ランニングコストを実現する現行機種の機能はそのままに、ボディーカラーに、家庭からオフィスまで、さまざまな設置環境になじむホワイトを採用。また、"PIXUS TS3330"は、小型なエントリーモデルでありながら、コピーやプリント、スキャンはもちろん、スマホからの印刷も楽しむことができる。インクジェットプリンターのラインアップ強化により、印刷機会が多くコストを重視する方から、入学や入社などの新生活開始をきっかけにインクジェットプリンターを使い始める方まで、幅広いユーザーのニーズに応える。


 
家庭やオフィスで大量印刷と低ランニングコストを実現する"G6030(ホワイト)"


 ブラックインクボトル(別売り)1本分の容量で約8,300ページ※1、カラーインクボトル(シアン ⁄ マゼンタ ⁄ イエロー・別売り)の場合は約7,700ページ※1の大量印刷が可能。また、インクコストはA4モノクロ文書1ページ当たり約0.4円※2、A4カラー文書1ページ当たり約0.9円※2と低ランニングコストを実現している。


 
基本機能をコンパクトなボディーに搭載したエントリーモデル"PIXUS TS3330"


 大きさ約435(幅)×316(奥行)×145(高さ)mm※3の小型なボディーにコピーやプリント、スキャンなどの基本機能を搭載している。「PIXUS TS 3000」シリーズとして新搭載の「ワイヤレスコネクトボタン」を押すことで簡単にWi-Fi接続できるほか、多様なスマホアプリへの対応により、さまざまなコンテンツをスマホから印刷して楽しむことができる。


  • ※1
    エコノミーモード時。標準モード時はブラックインクボトル(別売り)1本分の容量で約6,000ページ、カラーインクボトル(シアン ⁄ マゼンタ ⁄ イエロー・別売り)の場合は約7,700ページ。印字可能枚数は、A4カラー文書ISO ⁄ IEC 24712を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出。いずれも初めてプリンターを使用する際に充填したインクボトルではなく、2回目以降に充填するインクボトルを使用して算出。
  • ※2
    税別。普通紙使用、標準モード時。インクコストは「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン」 < 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)制定 > に従い記載。測定環境の詳細は、キヤノンホームページ参照。
  • ※3
    背面給紙トレイ、排紙トレイ収納時。突起物含まず。使用時は約435(幅)×553(奥行)×212(高さ)mm。



  • ▲TOPへ戻る

















    2020-2-21


    新開発の「UltraChrome K3Xインク」により、さらなる写真高画質を実現した
    インクジェットプリンター『SC-PX1VL』『SC-PX1V』新登場!

     エプソン

    『SC-PX1VL』


     エプソンは、プロ写真家や写真愛好家の作品づくりで高い信頼と評価を得ているエプソンプロセレクションシリーズの新商品として、圧倒的な小型化を実現し、新開発の「UltraChrome K3Xインク」により、さらなる写真高画質を実現したA2ノビ対応インクジェットプリンター『SC-PX1VL』とA3ノビ対応インクジェットプリンター『SC-PX1V』を、2020年5月28日より発売する。

     ■お客様の望む作品画質を実現する「UltraChrome K3Xインク」

     新商品『SC-PX1VL』『SC-PX1V』は、新開発の「UltraChrome K3Xインク」を搭載。最小1.5ピコリットルの微小インクサイズでプリントすることで印刷表面を平滑化し、暗部領域をライトグレーインクでオーバーコートすることで、光沢紙における黒濃度が向上した。また、新たにディープブルーインクを搭載し青の色域を大幅に拡大。これにより、これまで再現が難しかったブルー・バイオレット領域を豊かで繊細な階調で表現する。さらに、フォトブラック、マットブラック含めて、すべてのインクを切り替えることなくシームレスに使用できるようになった。

     ■圧倒的な小型化と高級感漂うデザイン

     両機種ともに、商品設計・開発を、新たに取り組んだことで従来機と比べて圧倒的なコンパクトサイズを実現した。

     『SC-PX1VL』は、従来機「SC-PX3V」と比べて体積比で約70%に、『SC-PX1V』もこれまでの「SC-PX5VII」と比べて体積比で約68%と、大幅なサイズダウンを図っている。これによりプリント作業スペースが縮小され、本体サイズの大きさを理由に購入をためらっていたお客様も、プロセレクションシリーズで本格的な作品づくりを楽しむことができる。

     さらに給紙・排紙トレイは、格子状のデザインを採用。用紙をセットする際も作品を手に取る時も、これまでにない高級感と高揚感を演出する。またカバーを閉めたままでも印刷状況が見られる機内照明を搭載し、印刷中も作品づくりを楽しむことができる。

     ■作品づくりをサポートする機能

     1)液晶タッチパネルを搭載

     本体には4.3インチの静電式の液晶タッチパネルを搭載。実際にプリントする作品を表示したり、パソコンで設定したドライバー情報や残りの印刷時間、インク残量などの印刷ステータスなどをワンタッチで画面を切り替えて表示できる。

     2)作品振り返りシートの印刷

     パソコンで設定したドライバーの印刷履歴を、12作品分まで印刷できる「作品振り返りシート」を搭載。プリント時にドライバーで設定した履歴をプリントすることで、後日、迷うことなく同じ設定でプリントできる。

     3)ファインアート紙が背面からも給紙可能に

     従来機の背面給紙は0.3mmの紙厚まで対応していたが、新商品では両機種ともに0.5mmの紙厚まで対応。これによりVelvet Fine Art Paperなどのファインアート紙が、これまでの前面給紙に加えて背面からも給紙できるようになり、ユーザビリティーを改善した。

     4)ロール紙ユニットに対応

     両機種ともに、長尺プリントが楽しめるロール紙に対応している。ロール紙を置くだけでセットでき、長尺紙の取り扱い性能を向上させた。『SC-PX1VL』は、カバー付きでほこりが付着しにくい機構のロール紙ユニットを別売りのオプションとして用意。『SC-PX1V』は、コンパクトな本体にロール紙ユニットを内蔵している。

     5)ICCプロファイルを管理する「Epson Media Installer」を提供

     プリンタードライバーに、他社製用紙のICCプロファイルを追加できる機能に対応した「Epson Media Installer」を提供し、従来煩雑だったICCプロファイルの設定が簡単にできるようになった。クラウドサーバー上から使用したい用紙を選択するだけで、最適な設定でプリントできる。

     6)スマートデバイス向け「Epson Print Layout」を提供

     新商品は、写真作品づくりをサポートするソフトウエア「Epson Print Layout」に対応している。「Epson Print Layout」は、余白の大きさをプレビューを見ながら調整したり、組写真のレイアウトを思いのままに作ることができるアプリケーションで、 Adobe®Photoshop®Lightroom®、ニコン社のViewNX-i、市川ソフトラボラトリー社 SILKYPIX®のプラグインとしても使用できる。また近年、スマートデバイスを使って作品づくりを楽しむ人が増えている。そこで新たにスマートデバイス向けの「Epson Print Layout(iOS用)」を開発、新しい作品づくりのワークフローにも対応予定。

     7)交換式メンテナンスボックス対応

     お客様が自ら交換できるメンテナンスボックスを搭載。大量にプリントされる方も、作品作りを中断させず安心して利用できる。




    ▲TOPへ戻る


    NEXT